読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついに君が僕にYESをくれなくても~伊野尾慧くんについて呟くブログ~

女子校時代にジャニーズに目覚め8時だJ時代から二宮さんを見続けてきたはずが・・ここにきて初めての担当降り!伊野尾慧くんの魅力にひきつけられて呟きたくなってしまったブログです。

伊野尾慧の男子の姿 = 日下瑛治 その2

気になって仕方ないそし誰の行方。もはや日下さんかなり注目されていて伊野尾さんに配役くださったことを本当に感謝しています。

公式のHPや監督さんのTwitterを見てわかっている情報から勝手に考えてみたことをパラパラと書いてみます。

 

初期の頃のつぶやきで話の本筋と思われる新一の人柄が事件の根本なのかもしれない。

監督さんTwitter

「・OPのキャラクター紹介に出る二文字は、その人の一面を語っているらしい。しかしそれが、人によって裏だったり表だったりするようだ。人間は、矛盾に満ちていて、そして意外にシンプルだ

・新一が無自覚に行った悪事があるんだと思う。その事に新一が気付くまで、この話は終わらないんじゃないかと思う

・自覚のある悪事より、自覚の無い悪事の方が、ずっとタチが悪い

・はるかの「全部教えてあげる」はハッタリのように聞こえて真実を掠めていたのかもしれない。少なくとも、はるかのような人間から見れば、新一の身の周りに起きていることを理解し謎解くことは、容易かったということ。」

新一という人物は人生そのものはすごく順調にいっていてそれゆえにあまり人のことに無関心というか人の心に機微のない人物だった。(元彼としては冷た過ぎます。)

悪い人ではないのだろうけど無神経というとか知らずに人を傷つけていることに気付いていない。それがはるかが自殺にまで向かったことではっきり表現された。

そして無自覚の罪は日下さんが1話から口にしていることなので日下さんも新一の無自覚の罪の被害に恐らくあっている。

新一がこの無自覚の罪のためにターゲットにされていて物語の着地点はそれに気づくことではないかなと予想。

 

これまでの登場人物と今後まだ誰かいなくなるのかについて

監督さんTwitter

「8話さおり再登場、でも普通のTLではない?馬場りんもそう。西条が最終回に登場するのは遅目のお盆だから?。弥生さんはばっちり出ます。が、既に並行宇宙にいるのかも。まきこに電話した時点でシュバルツシルト半径の中へ。」

とのことなので馬場さん、さおり、弥生さん、西条さんは完全に死亡している。

他にも死んだ人は生き返らないと言っているのではるかと斉藤も同じ。

ただし過去のシーンで未公開のエピソードにて登場する可能性はありそう。

今後最終回までに3人死ぬそうなのでポスターの主要キャラ以外に生き残っている人としては田嶋、五木、川野瀬の3人かなと。

でも五木はもう出てこないかもしれないので日下さんかもしれない。

公安関係の人は死ぬ理由がないので死なないと思う。

 

日下さんというキャラクターの重要性と物語との相関

監督さんTwitter

「・日下、馬場、さおり、新一は、目標があって一緒に暮らしていますが、絆と友情はホンモノで、実は皆、この生活が永遠に続いたら良いのに、って思ってる。

・日下は殆どうそをつきません、彼の言葉、新一さんを信じますには、根拠があるんです

・そし誰の架空世界の中では、パーソナルナンバーを持っていないと、公的なサービスを受ける事ができません。でも、抜け道はあるという設定です。でも、日下のアパートには、もっと大きな秘密があります

・BAR King には、二階へ上がっていく階段がありますよね、あの先に何があるか、本編中で明かされることはないです。一応設定上は、アジト、もしくは日下の居室の予定でした。日下のアパートが登場して、それがとても重要な意味を持つようになって、この辺の設定が変わったのでした

日下さんが何らかのキーであることは間違いない。

そして新一以外の3人は意図して集まったか集められたもの。

しかも日下さんがその中心ぽい。

なぜならさおりちゃんは日下さんのためにこのミッションに協力していた様子なので引っ張っていたのは日下さんではないかということ。

監督さんTwitter

「・1年前、キングが開店した時、新一が立ち寄ったの偶然。
でも、必然

・向日葵の花言葉は「私だけを見つめ続けて」
ですが、こんなに沢山あると目移りしちゃいますよね。
嫉妬の気持ちが強い向日葵は、他の花を、、、、、。なんてことはありませんよね

・馬場と藤堂万紀子はもともと知り合いではなかったと思います。少なくともここ1年くらいは知っています。その関係も、多分、もっと一方的。日下に会うために、BAR Kingまで来た万紀子を追い返した馬場、あそこにあんまり嘘はありません。

・言っておきますが、日下のアパート、すごく重要です。8話のラストであかされます。」

日下さんと万紀子と何等かのつながりがあって知り合いであるのはほとんど確定。

万紀子は日下さんの指示に従うしかない何かを抱えていて本意ではないにしろ協力している。

けれども新一のことを思って本当はもう終わりにしたいと思っている。

日下さんのアパートに向かったシーンがそれでないかと。

 

ここまで過去の監督さんTwitterを遡って考えてみた私の予想。

色々と深読みをしてしまうんですけど個々のキャラクターは話中で表現されている以上のものは持っていないんじゃないかと思います。

はるかは新一が本当に好きでその感情がコントロールできなくなってしまった。

(それをつきはなす新一で新一の無自覚の罪が表された部分はこの回が好きなスタッフも多いことから話の重要点。)

斉藤は学生時代から新一に劣等感があってはるかのことで爆発した。

田嶋はお金に欲望があってそれを知っている真犯人に新一のパーソナルナンバー剥奪に加担させられた。

五木は新一に嫉妬心があり元カノの早苗を利用した。

早苗は新一の巻き込まれている状況を心配して不安を持ちながら待ち続けている。

(これは最終的に新一の救いになるんじゃないかな。)

小山内はキャラ設定がぶれぶれなのでわかりません。

さおりは孤独だったところに日下、馬場と出会い家族をもったような気持ちで仲間を愛していた。特に日下には恋愛感情もあった。

馬場さんは思惑は不明だけれども悪い人ではなく誰かに協力するために動いていた。

こんな感じで裏はないんじゃないかと。

裏があるとしたら日下さんと万紀子さん。

恐らくこの話の最重要ポイントを握っている二人。裏というより隠している何かがある。

でもその真相は悲しい理由かもしれない。

日下さんが万紀子の子供なのか新一の弟かは別として今回のミッションにひきこんで新一を信用させた上でミッションを成功させないことまで日下さんの思惑の内。

成功させない理由が新一を憎んでいるからか助けたいからかは不明。

でも監督さんが登場人物には相反する二つの感情があるようなことをつぶやいていたので両方なのかな。

何か憎しみをもっている(自分は母親に捨てられた?不遇の身なのに新一は血のつながりのない母親を母として関係を持ち続けている)一方で新一の本来の人柄にふれてそれは人として好意を持てる人だとわかっている。

わかっているけど自分の本来の境遇に対する憎しみの感情が捨てられずに新一への裏切りは貫いてしまう。

というのが私の予想本命。

でも真犯人は日下さんではない気がするんだよな~。

日下さんはその感情を真犯人に利用されてるんじゃないかな~。

これで真犯人は登場していない人物だったら最悪ですよ。

伏線は回収すると言っているのでちゃんと登場人物内だけでおさめてほしい。

以上勝手な考察で結論はあんまり出てないという。

 

ちなみに話の真相とは関係ないところですが伊野尾さんファンとして気になるのは日下さんのさおりへの気持ち。

監督さんTwitter

「・キス寸止めからのハグ、あれは拒否ってことですよね。

・日下「さおりちゃん」
さおり「えいじ」
一方通行なのか

・日下がさおりのことをどう思っているか、7話と9話で描かれます」

ということなので日下さんのさおりへの思いは好意ではなさそうですね。

公式HPのタイムラインでもさおりが日下にフラれると書いてあるので日下さんの「好きだよ」は恋愛ではなく人としてという意味だと思います。

9話に期待。

 

あと監督さんが伊野尾さんシューイチ出演についてつぶやいていたのは

「何時も思うのですが、バラエティ番組を見るとその様子が、現場の印象とけっこう違っていて、とても面白いです」

ってことは伊野尾さんドラマの現場では結構おとなしい子なんですかね。

実際バラエティで元気風のときは素の自分よりちょっとおもしろく見せるために頑張ってるのかなと思うときはありますのでね。

あんまり頑張り過ぎないで伊野尾さんは普段の伊野尾さんで十分魅力的です。